ボディピアスをつけてより魅力的に

マイクロダーマルというボディピアス

マイクロダーマルというボディピアス

ボディピアスの一つにマイクロダーマルというものがあります。
マイクロダーマルはインプラントに分類されます。
一般的なボディピアスが皮膚を貫通して穴を開けてピアスを通して装着するのに対して、マイクロダーマルでは、皮膚に穴を開けて貫通させないで穴の部分にプレートを埋め込みます。
皮膚に埋め込むので様々な部位にピアスができます。
方法はまず穴を開ける部分をマーキングして、指で皮膚をつまみます。
ダーマルパンチという専用の器具で皮膚に対して垂直に突き刺し、グリグリと回しながら穴を広げます。
またニードルをプレートを埋め込む方向に再び入れて穴を広げる場合もあります。
穴が広がったら血が出るので、すぐにプレートを埋めます。
プレートは楕円形で、ジュエリー部分のシャフトがあり2~3個の穴があります。
埋め込むことで穴を通して皮膚同士がくっつくので、プレートが固定されます。
埋め込みに手間がかかって皮膚を触りすぎると治りが悪くなるので、的確に埋める必要があります。
ジュエリー部分は交換できるので、傷が落ち着けばファッションに応じてトップを変えると良いです。
マイクロダーマルは完治することはないので、短期間のおしゃれ専用のボディピアスです。

ボディピアスの形状に合わせてつけ方を工夫しよう

つけている時は問題がなくても一度外すと、またつけようとした時に思うように先端がピアス穴に入ってくれないケースがあります。
特に穴を開けてすぐの頃に発生する現象です。
これを防ぐためにはピアス穴がしっかりと固まるまで最初につけたボディピアスを外さないことなのですが、穴をあけた場所によっては外さなくてはいけないシーンも出てくるでしょう。
またボディピアスの形状によっては、ピアス穴が完成していてもつけづらいことがあります。
そんな時に推奨されているつけ方のひとつが、潤滑材を使用しつつその形状に沿うように穴に差し込むやり方です。
潤滑材はボディオイルでもいいですし、軟膏やクリームなども使えます。
それをボディピアスの先端につけ、リング状のものなら先端を回転させる感覚で差し込むとスムーズに入ります。
特に今までバーベル状のものを好んでつけていた人は、今までの感覚で真っ直ぐピアス穴に通そうとしがちなので、まずピアス穴に通す前につけ方のイメージを固めておきましょう。
リングの急なカーブで引っ掛かってしまう場合は、ペンチなどでカーブを少し緩めにするのもつけ方のコツです。
それでも入りづらい場合はピアス穴を拡張するのも手です。
拡張には相応の時間がかかりますが、穴自体を大きくすればゲージの小さいボディピアスは楽につけられるようになるので、最終手段として役立つ方法といえるでしょう。

注目サイト

池袋 セクキャバ 求人
https://www.cabaito.jp/kanto/shop/block-ikebukuro/

人妻をデリヘルで呼ぶ

名古屋 キャバクラ 求人
https://www.cabaito.jp/tokai/

2016/7/7 更新


Copyright (C) 2015 DECO PIERCE All Rights Reserved.